1月 31

軍事費のGDP比推移では意外な光景も 変動少ない中国、ロシア、インド



各国の軍事費に対するGDP比の推移を見てみる。やはり特徴的なのは日本。低い水準で、まったく変化がない。防衛費1%枠がここまで体現されていると滑稽を通り越して呆れる。しかし、防衛費総額を国際情勢と疎遠にさせるのであれば、少なくとも自国経済の影響は考慮されるべきだ。防衛費1%枠を問題にすると、それを上回る防衛費予算の構成が論点になりがちだが、不況であれば削減するのが普通の感覚。しかし実態は、どんな状況であろうと1%。これはもう、防衛費1%枠という信仰、というよりはもはや狂信と言うべきか。1%と決めたら1%は絶対動かさない、上げもしなければ下げもしない、このような硬直した官僚体質にはいい加減お別れしたいものだ。

オーストラリアも2%前後であまり変化が見られない。 >>続きを読む

1月 31

軍事費のGDP比を三つのセグメントで見る 日本1%、中国2.1%、韓国2.7%


ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が発表した、2010年の各国の軍事費で額トップ20の国と地域のGDP比をグラフ化・ランキング化した。大きく分けると、1%台、2%台、3%台以上の三つにセグメントされ、1%台を1%台前半、1%代後半に分類して作図した。

日本がスペインとともに最低で1%。こうしてみると、日本の比率の低さは世界的にも特異であることが分かる。すでに撤廃されているにもかかわらず、実質的にはまだ機能している防衛費1%枠はGNP比だが、GDP比としてもやはり1%。 >>続きを読む

1月 31

米国は世界をどう見ている? イスラエルに対する回答傾向に注目


米国は世界をどう見ているのか? 集計したのがグラフだ。日本が世界をどう見ているのかのグラフと比べると、空白の部分が極めて少ない。中立回答が少なく、各国に対してポジティブかネガティブかをしっかり回答している傾向が見て取れる。 >>続きを読む

1月 30

「報道の自由度」日本53位に急落 変わらない中国のありようがリスク


ジャーナリストの国際団体「国境なき記者団」は、国や地域ごとにどれだけ自由な報道が認められているかを表す「報道の自由度」のランキングを発表した。日本は、前の年の22位から53位へと大幅に順位が下がった。主催側は、東京電力福島第一原発の事故について、「透明性に欠け、個別取材に対して政府などから開示される情報があまりにも限られている」などとした。

ここまで順位を下げたのは、マリ(74)、タンザニア(36)に次ぐもの。未曾有の震災ではあったが、それそのものがこの大幅順位下落につながったわけではなく、またもや政府対応。今回、政府の失態がまた一つ加算された形だ。 >>続きを読む

1月 30

米国は日本や世界からどう見られている? アフリカ諸国からは人気


「世界に良い影響を与えている国」として、米国は世界からどう見られているのか。

ポジティブな回答が最も多くなったのは、ケニアで79%。頭一つ飛びぬけている。その他ナイジェリアが69%で、韓国が62%、ガーナが61%、フランスが62%、イギリスが60%と続く。 >>続きを読む