4月 20

【特定アジア】中朝韓の共通項は「国を尊び愛し、日本を攘う」


華に対しての夷は、本来、東夷、西戎、北狄、南蛮という方角ごとに違う漢字を当てはめて、獣扱いをしてきた経緯がある。

華夷秩序とは、中華とこの四夷(夷、戎、狄、蛮)の秩序、という意味だが、それなのにそれを示す言葉として華夷秩序に、夷が使われているのは、四夷の中の夷が別格というよりは、夷には二つの意味があって、東の獣の意味と、四方角の獣の総称であったのかもしれない。だからこそ四夷なのだろう。

どちらにしろ、中国において東夷といえば、より古い時代は朝鮮も含まれていたが、伝統的に日本を指してきたことは間違いない。 >>続きを読む

4月 17

【特定アジア】侵略されたからこそ温存された中朝韓の「尊王攘夷」


前回の日本の状況を振り返ると、
・江戸幕府が朱子学を公式学問にする
・江戸中期以降、朱子学が定着し、倒幕の原動力になる
・明治維新は朱子学「尊皇攘夷」が根底となって実現した
・明治~昭和も基本的に朱子学の精神は受け継がれた
・敗戦で、「尊皇攘夷」は完全に否定され、霧散した

一方の中国や朝鮮はどうだったか。 >>続きを読む

4月 10

【特定アジア】「尊王攘夷」が今でも東アジアの根底にある


朱子徳川家康が採用したのは儒教の中でも朱子学であり、井沢元彦氏はこの朱子学を「儒教の中でも最も保守的な考え方をするもの」と位置づける。

朱子学は、中国の宋の時代、朱子によって確立されたが、宋は異民族と最後にはモンゴル族によって滅ぼされる歴史を持っていることから分かるとおり、“夷”に悩まされ続けた“華”だった。そのため、“夷”に対してはとことん排他的な思想になっているのが、朱子学の特徴の一つと言える。 >>続きを読む