2月 06

カナダは世界をどう見ている? 日本に対して極めて高い評価が際立つ


「世界に良い影響を与えている国」として、カナダは日本を含む世界をどう見ているのか。圧倒的に自国・カナダに対するポジティブ回答が多くなっている。その他、ドイツ75%、イギリス73%、日本72%。これらの後に、EUの61%となるので、自国を含むこの4カ国にポジティブ回答が集中した、と言えそうだ。

中国、韓国、インドは52-53%でほぼ横並び。これから見ても、カナダの日本に対するポジティブ評価がアジアで群を抜いていることが分かる。 >>続きを読む

2月 05

カナダは世界からどう見られている? プラスイメージはネガティブ回答に現れる


「世界に良い影響を与えている国」として、カナダは日本を含む世界にどう見られているか。全体的に、各国からポジティブ評価が高く、ネガティブ評価が少ないというのが特徴。ポジティブ評価が最も高いのは自国・カナダで88%。これを除外した、グローバルアベレージは53%。 >>続きを読む

1月 13

カナダ人は世界の評価も高いが、自分評価も高い 可哀想な米国


カナダ人は「世界に良い影響を与えている国」をどのように見ているのか。カナダ人による1位は自国・カナダで88%。これについては以前触れた。カナダは世界からの評価も高いが、カナダ人の自国に対する評価も非常に高い。 >>続きを読む

6月 30

世界平和度指数、日本は5位も前回より順位ダウン 米中ロに特徴も


世界平和度指数(せかいへいわどしすう、英:Global Peace Index)は、イギリスのエコノミスト紙が24項目にわたって144カ国を対象に分析し、各国や地域がどれくらい平和かを相対的に数値化することを試みたものである。

データはイギリスの経済平和研究所(英語版)が考案し、国際平和パネル討論会のエキスパート、平和研究所、シンクタンクなどが作成、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが調整したもの。 >>続きを読む