9月 11

中国の尖閣諸島における基本的なスタンス


細かい点を除き、中国による尖閣諸島におけるスタンスは下記のようにまとめられる。結局、よく言われているように1970年前後を基点として、国連報告による近辺海域での埋蔵資源の可能性が指摘されてから、にわかに中国及び台湾の主張が激しくなったのは間違いない。少なくとも、中国はそれ以前、たいした主張はしていないか、皆無といえる。台湾では漁業上の問題でトラブルになることがあったものの、やはり正式な領有権主張が始まったのはそれ以降のこと。一方で日本はそれ以前から、一貫して、尖閣諸島の領有権を主張、実効支配していた。 >>続きを読む

1月 10

中華民国


中華民国(ちゅうかみんこく)は、東アジアに位置する民主共和制国家。アジア最初の共和国で、1912年中国大陸に成立し、1949年以降現在まで台湾島と周辺の島嶼群などを実効支配している。日本やフィリピン、中華人民共和国などと領海を接する。

中華民国を正式に国家として承認している国は少ないが、それ以外の多くの国とも事実上独立した地域として国交に準じた関係を結んでいる。

1912年1月1日に、革命家の孫文を臨時大総統(臨時大統領)として、中国大陸を中心とする中国を代表する国家として成立した。

1924年には中国共産党との間で第一次国共合作を行ったが、1927年南京事件が起こったことで同年4月に国共合作を解消すると、孫文の後継者となった中国国民党の蒋介石の指揮下で上海や武漢などの各地方で中国共産党員を掃討する運動、いわゆる上海クーデターを起こした。その後国民政府は蒋介石の南京国民政府と、これに反対する汪兆銘らの「武漢国民政府」に分裂するが、間もなく両者は合流、北方軍閥の張作霖が日本軍によって爆殺された後、張作霖の息子の張学良が蒋介石の傘下に入る。

>>続きを読む