4月 20

【特定アジア】中朝韓の共通項は「国を尊び愛し、日本を攘う」


華に対しての夷は、本来、東夷、西戎、北狄、南蛮という方角ごとに違う漢字を当てはめて、獣扱いをしてきた経緯がある。

華夷秩序とは、中華とこの四夷(夷、戎、狄、蛮)の秩序、という意味だが、それなのにそれを示す言葉として華夷秩序に、夷が使われているのは、四夷の中の夷が別格というよりは、夷には二つの意味があって、東の獣の意味と、四方角の獣の総称であったのかもしれない。だからこそ四夷なのだろう。

どちらにしろ、中国において東夷といえば、より古い時代は朝鮮も含まれていたが、伝統的に日本を指してきたことは間違いない。 >>続きを読む