4月 10

【特定アジア】「尊王攘夷」が今でも東アジアの根底にある


朱子徳川家康が採用したのは儒教の中でも朱子学であり、井沢元彦氏はこの朱子学を「儒教の中でも最も保守的な考え方をするもの」と位置づける。

朱子学は、中国の宋の時代、朱子によって確立されたが、宋は異民族と最後にはモンゴル族によって滅ぼされる歴史を持っていることから分かるとおり、“夷”に悩まされ続けた“華”だった。そのため、“夷”に対してはとことん排他的な思想になっているのが、朱子学の特徴の一つと言える。 >>続きを読む